絵本ですくすく

5歳の娘と毎日お気に入りの絵本探し。絵本の感想日記。

「としょかんへ いこう」

f:id:ehondesukusuku:20210615135004j:plain

『としょかんって、どんな ところだろう?』

 

図書館へ行ったことのある子も、これから行く子も楽しんで読める絵本です。図書館がどういうところか、どんなルールやマナーが必要なのか、クイズや遊びを交えながら楽しく学べる絵本です。

入館料についてのクイズでは、お金を要求する選択肢があったり、大型絵本の使い方のクイズでは、思わず笑ってしまう選択肢も。迷路や間違い探しを交えながら、図書館について知ることができます。大ボケ満載のクイズがあったかと思えば、子ども向けとはいえ、検索機の使い方や”レファレンス”なんて言葉が登場したりと、利用のしかたがしっかり書かれています。

 絵本に興味が薄い子も、図書館という施設への興味が湧く絵本です。もちろん、本や図書館が好きな子は、クイズのありえない選択肢でも楽しめます。ウォーリーのように探し物をしたりと遊べるページも多いので、楽しく読み応えのある絵本です。

 

「としょかんへ いこう」

斉藤洋/作 田中六大/絵

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

としょかんへ いこう (講談社の創作絵本) [ 斉藤 洋 ]
価格:1540円(税込、送料無料) (2021/6/15時点)