絵本ですくすく

5歳から娘と毎日お気に入りの絵本探し。絵本の感想日記。現在6歳。

「わくせいキャベジ動物図鑑」

『銀河のかたすみに、”キャベジ”という小さなわくせいがあります。』

 

小さなころ娘が好きだった、「しろくまのパンツ」の作者の作品です。

2人のユニット名なんですね。

”キャベジ”というキャベツそっくりの惑星に住む、架空の動物の図鑑です。

野菜や果物をもじった動物たち。

サイ風の”ハクサイ”、落花生でできたオットセイ風の”ラットセイ”、ピーマン風の”ピーマンドリル”。

それぞれの野菜や果物を張り合わせたような生き物がずらり。

その見た目の可愛らしさや滑稽さが笑えます。

ごぼうでできたゾウ風の生き物とか。

もちろんその名は”ごぞう”。細っ。

そして、その生態も詳しく描かれています。

キャベジ星のセンギリ草原に生息、とか。

あぁ、千切りね。

ちなみに、ゴマ粒のように小さな”ゴマアザラシ”は、体に脂肪を蓄えているらしい。

ごま油か!Σ(・ω・ノ)ノ!

子供が気づかないところまで楽しめるので、大人が読んでも面白いです。

架空の図鑑という意味では、”こびとづかん”に似ているかも。

語呂合わせやダジャレ大好き、こびとづかん大好きな娘にドンピシャです。

色味や挿絵もオシャレなので、ちょっとしたプレゼントとしても喜ばれると思います。

小さな子供が絵だけで見ても楽しめて、読めるようになったらまたさらに楽しめる、年齢問わない絵本です。

じっくり読み込める年齢なら、だいぶ時間をかけて何度も読みたくなる図鑑です。

 

「わくせいキャベジ動物図鑑」

tupera tupera

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

わくせいキャベジ動物図鑑 [ tupera tupera ]
価格:1650円(税込、送料無料) (2022/4/21時点)


 

「いーとんの大冒険」

f:id:ehondesukusuku:20220331115354j:plain

『あ~ぁ、もっと楽してお菓子をもらえるウマイ話ないかなぁ…』

 

最近の娘のブーム、忍者と国旗、そして”こびとづかん”!

このこびとたち、私にとってはキモ可愛いを通り越して、ただただキモい…と思うのですが、このシリーズはすごいですね。

特に図鑑にいたっては、架空のものとは思えないほど特徴や生態がこと細かくまとめられてあって、捕獲方法や飼育方法まであるもんだから、読み込むのが大好きな娘はハマってしまいました。

一時は、部屋の中にこびと捕獲の罠をこしらえるほど。

その作者さんの他の絵本を…と探したのがこの絵本。

おぉ、まさにこびとっぽいタッチの絵だ!

こびとよりもうちょっと可愛く描かれています。

 

お手伝いのお駄賃のお菓子がもっとほしい、豚?の”いーとん”。

怪しい男からのウマイ話に食いつきますが、引き換えとして”大切なもの”を失ってしまいます。

奪われた”大切なもの”を取り戻す、大冒険です。

 

まるで昔話のような、思ったより含蓄のあるお話です。

欲にかられるとどうなるか、とか。

どんなに物欲に満たされても、一緒に楽しむ人がいないと楽しめない、とか。

自分の大切なものと引き換えにしても、人を助けたいと思う気持ち、とか。

ハッピーエンドだけれども、ちょっとだけ切ないハッピーエンドです。

短編映画のように、内容が結構詰め込んである1冊です。

とはいっても、大爆発のオナラが大活躍する、子供に鉄板の下ネタもあり。

中でも、”いーとん”が相談しに行く、おばあちゃん的存在の”オバァーニーさん”の存在感ときたら。

バニーガールのいでたちをした、しわしわのウサギのおばあちゃん。

ええ、もちろん網タイツです。

物知りで、両脇にはウサギを2匹従えています。何者⁉

このシュールさには触れられず、物語は進んでいきます。

このオバァーニーさんがいーとんを導き、身をもって助けてくれます。

 

たくさんの絵本を読んできた娘が、初めてウルウル泣きそうになった絵本です。

今回借りるのもじつは3回目。

お気に入りの1冊になった様子。

ふりがなはふってあるものの、普通に漢字も使われているので、もしかしたら小学生向けなのかも?

読み聞かせてあげるなら、もっと小さくても面白く読めると思います。

絵本の中ではちょっとボリュームありのお話ですが、ハラハラドキドキの大冒険が面白いので、じっくり読み聞かせてあげたい絵本です。

 

「いーとんの大冒険」

なばた としたか さく

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

いーとんの大冒険 [ なばた としたか ]
価格:1540円(税込、送料無料) (2022/3/25時点)


 

 

「にんきもの いちねんせい」

f:id:ehondesukusuku:20220304150812j:plain

『みんなが みんな にんきもの いちねんせい』

 

3月ですね。

コロナもあって、あっという間に過ぎてしまった園生活でした。

幼稚園や保育園からの小学校入学は大きな大きな変化ですね。

楽しみでもあり、きっとちょっぴり不安でもあり。

そんなタイミングで読むと、ちょっとホッとする絵本です。

 

14人の子供たちのいいところが描かれた絵本です。

みんなを元気にできるから、にんきもの。

なかまはずれをしないから、にんきもの。

おもいやりがあるから、にんきもの。

みんなをまもってくれるから、にんきもの。

 

一見、大人にとっても難しそうなことばかりですが、この絵本の素敵なところは、それぞれが具体的なところ。

大きな声で「おはよう」を言ってくれるから、みんなを元気にしてくれる。

みんなを誘ってくれるから、なかまはずれをしない。

困っていると助けてくれるから、思いやりがある。

嫌なことは「やめて」って言えるから、みんなを守ってくれる。

 

みんなきっと、いざその場になったらできることが1つは入っています。

だって、笑顔でいるだけでもみんなを幸せな気持ちにしてくれるんだから。

これができるだけで、きっと人気者になれると思ったら、小さな不安も吹き飛ぶかも。

最後には、だれでもみんな、にんきものになれますよ。の一言。

親も子供も入学に向けて元気づけられる、優しい絵本です。

 

「にんきもの いちねんせい」

え つちだ のぶこ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

にんきもの いちねんせい [ つちだ のぶこ ]
価格:1430円(税込、送料無料) (2022/3/4時点)


 

「おりがみにんじゃ」

f:id:ehondesukusuku:20220304151019j:plain

『いちおり におり さんおりん… あっというまに…』

 

忍者にハマりつつある娘のリクエスト、「忍者の絵本探して!」。

ケータイで検索かけつつ図書館で何冊か探し当てました。

今回の絵本は、折り紙の忍者。

折り紙の城から、おりがみの忍者が派遣されます。

隣国、あずきの国のお宝を探せよとの命令に、飛び立つ折り紙。

折り紙忍者とあずきの国の姫との攻防の、はじまりはじまり~。

そして、そのお宝とは、金銀財宝のことではなかったのでした。

 

忍者だけでなく、折り紙も大好きな娘にピッタリな絵本でした。

折り紙の忍者らしく、擬態しながら潜入します。

が、あずきの国の姫も負けてはいません。

お菓子を巧みに使っていい勝負。

折り紙の城の外観や、部屋の中も面白いです。

折り紙でできた置物に、内装は千代紙のようなカラフルな柄。

お殿様はいわゆる”ヤッコさん”です。笑

裏表紙の裏のページには、折り紙忍者に乗って折り紙の城に遊びに来る、あずきの国の姫の姿が。

仲良くなってよかったよかった。

 

表紙の裏には、折り紙の折り方も掲載してあって、お話の中に出てくる生き物たちもおることができます。

忍者に折り紙、子供が好きなエッセンスがいっぱい、読んでも折っても楽しめる絵本です。

 

「おりがみにんじゃ」

つきおか ゆみこ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

おりがみにんじゃ [ つきおかゆみこ ]
価格:1320円(税込、送料無料) (2022/3/4時点)


 

「にんじんじゃのおもしろにんじゃずかん」

f:id:ehondesukusuku:20220304150053j:plain

『ぼく、にんじゃに なりたいんだ!』

 

ここ最近の図書館シリーズで、娘が一番ハマった絵本です。

娘がずっと欲しかった絵本、「れいとうこのそこのおく」を昨年のX'masに手に入れて、随分気に入っていたので同じ作者の絵本を借りてきました。

これがドハマり。

めっちゃ面白いらしいです。

その名の通り、忍者のあれこれがたくさんつまった絵本です。

子どもって忍者大好きですよね。

身近な物を使っての忍者なりきりスタイルから始まって、忍者の成り立ちや役目、道具や技術も詳しく描かれています。

図鑑というだけあって、ストーリーを楽しむのではなく、忍者についてのとっつきやすい絵本図鑑、といった感じです。

数コマ漫画を交えながら、面白おかしく学べます。

結構マニアックな知識もあって、大人が読んでも面白いです。

手裏剣の種類やクナイなんて、普通知る機会なんかないですもんね。

”のろし”に火薬と獣のうんちを使うなんて本当なのか…?娘は笑ってましたが。

この絵も可愛いんですよね。

太めの線にゆるめの表情。

ゆるキャラっぽくて可愛い絵がお気に入り。

 

図鑑なので、読み聞かせるタイプの絵本ではないです。

情報があっちこっちにあるので、読み聞かせる時はどこを読んでいるか指差ししながらじゃないと伝わりづらいです。

ただ、自分でスイスイ読んでいける年齢だと、とっても楽しめると思います。

絵探しクイズもあり、普通の絵本の薄さの割にはじっくり読み込める絵本なので、結構時間をかけて読みたい絵本です。

娘はもはや「この本買って!」にまでハマっています。

 

『にんじんじゃのおもしろにんじゃずかん』

ぶん・え うえだしげこ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

にんじんじゃのおもしろにんじゃずかん [ うえだしげこ ]
価格:1430円(税込、送料無料) (2022/2/16時点)

 

「アイ・アイ・アイスクリーム・ショー!」

f:id:ehondesukusuku:20211222223153j:plain

『アイスよ アイスよ アイスさん きょうの わたしに ぴったりな アイスは なあに?』

 

アイスクリーム屋さんでメニューに迷う女のコ。

迷っていると、不思議なアイスクリームのショーへワープ!

司会のスプーンが、次々にアイスたちを紹介していきます。

色とりどりのアイスたちが、歌ったり、踊ったり、漫才したり、キャンドルサービスしたり、なんと、ワイヤーアクションまで見せてくれます。

アイスたちは、自己紹介がてら次々にショーを繰り広げていきます。

 

絵本の厚さ的にはいたって普通の厚さですが、それぞれのページがアイスたちの渾身のアピールになっているので、読みごたえがバッチリの絵本です。

本当にショーを1本見た気分。

七五調でダジャレが満載、口に出して読みたくなります。

言葉遊びができるようになってから読んだほうが楽しめる絵本です。

少女マンガっぽさもある絵も可愛らしくて、娘は一目で気に入りました。

パステル調の色味も、細かい衣装の凝り方も、細かいところまで眺めたくなります。

カーテンコールにはみんな勢ぞろいで、ドラムロールと共に女の子のご注文を待ちます。

この圧巻のページで、どのアイスが食べたいか、親子でコミュニケーションを取りたくなるページです。

スタンダードなカップアイスも、ソフトクリームももちろんですが、モナカとかの変化球も捨てがたい。

何より急遽アイスと合体したパフェが最強でしょうか。

宝塚ばりのデュエットしながら合体する、パフェとアイスが見ものです。笑

 

「アイ・アイ・アイスクリーム・ショー!」

文 林木林   絵 わたなべ あや

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アイ・アイ・アイスクリーム・ショー! [ 林木林 ]
価格:1540円(税込、送料無料) (2021/12/22時点)


 

 

「ぎょうざのひ」

f:id:ehondesukusuku:20211222223824j:plain

『きょうだけは はやく かえるの。』

 

ずいぶん前にEテレの”テレビ絵本”で見てから、娘が大好きな絵本です。

これも借りるのは何度目か。

3人きょうだい力を合わせて手作り餃子をお手伝いするお話です。

よーくこねたら、それぞれ成型。

皮が破れてもご愛敬。

定番の扇形だけでなく、四角に巾着型に、お花型、UFO型まで!

これを見ているだけでも、子供は作りたくなっちゃいます。

大人は、ビール片手に一杯やりたくなります。

 

うちの娘もそうですが、お料理のお手伝いをしたいお年頃。

餃子の成型なら、火を使う工程じゃないので目を離しても大丈夫。

この絵本を読んでから、うちも餃子は皮から手作り派になりました。

皮から作ると、伸びがいいので破れにくくて包みやすいです。

手間は増えますが、何よりモチモチで美味しい!(そして安上がり)

そこまで大変ではないので、皮からの手作り、おススメです。

娘も絵本のように、UFO型や、猫ちゃん型やチューリップ型など、楽しんで作っています。

うちではこの絵本の影響で、「今日はーー?」と聞くと、「餃子の日ー!」とまるで合言葉になっています。

 

この絵本、絵も暖色系で統一されていて、温かみを感じます。

そして、部屋の中の様子も、子育て真っ最中のリアルに描かれていて安心します。笑

おもちゃがガチャガチャ転がっていたり、ハンガーが落ちてたり、段ボールがそのままだったり。

そうそう、日々の生活に追われていると、そんなにオサレな状態で暮らしてなんていられません。笑

 

きょうだいでケンカになっても、美味しい餃子を食べるととっても幸せ。

でも、何より、美味しいものを家族で笑顔で楽しく食べられることが、何よりも幸せ。

そんな家族のあったかさが描かれている、心もほっこりあったまる素敵な絵本です。

 

「ぎょうざのひ」

かとう まふみ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ぎょうざのひ [ かとうまふみ ]
価格:1100円(税込、送料無料) (2021/12/22時点)