絵本ですくすく

5歳から娘と毎日お気に入りの絵本探し。絵本の感想日記。現在6歳。

「わくせいキャベジ動物図鑑」

『銀河のかたすみに、”キャベジ”という小さなわくせいがあります。』

 

小さなころ娘が好きだった、「しろくまのパンツ」の作者の作品です。

2人のユニット名なんですね。

”キャベジ”というキャベツそっくりの惑星に住む、架空の動物の図鑑です。

野菜や果物をもじった動物たち。

サイ風の”ハクサイ”、落花生でできたオットセイ風の”ラットセイ”、ピーマン風の”ピーマンドリル”。

それぞれの野菜や果物を張り合わせたような生き物がずらり。

その見た目の可愛らしさや滑稽さが笑えます。

ごぼうでできたゾウ風の生き物とか。

もちろんその名は”ごぞう”。細っ。

そして、その生態も詳しく描かれています。

キャベジ星のセンギリ草原に生息、とか。

あぁ、千切りね。

ちなみに、ゴマ粒のように小さな”ゴマアザラシ”は、体に脂肪を蓄えているらしい。

ごま油か!Σ(・ω・ノ)ノ!

子供が気づかないところまで楽しめるので、大人が読んでも面白いです。

架空の図鑑という意味では、”こびとづかん”に似ているかも。

語呂合わせやダジャレ大好き、こびとづかん大好きな娘にドンピシャです。

色味や挿絵もオシャレなので、ちょっとしたプレゼントとしても喜ばれると思います。

小さな子供が絵だけで見ても楽しめて、読めるようになったらまたさらに楽しめる、年齢問わない絵本です。

じっくり読み込める年齢なら、だいぶ時間をかけて何度も読みたくなる図鑑です。

 

「わくせいキャベジ動物図鑑」

tupera tupera

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

わくせいキャベジ動物図鑑 [ tupera tupera ]
価格:1650円(税込、送料無料) (2022/4/21時点)