絵本ですくすく

5歳から娘と毎日お気に入りの絵本探し。絵本の感想日記。現在6歳。

「わたしのわごむはわたさない」

f:id:ehondesukusuku:20210126093617j:plain

『やっぱりみんなじぶんだけのたからものがほしいのね。』

 

娘も私も大好きなヨシタケシンスケさんの絵本。本当にこのくらいの子供の思考回路を拾うのが上手だなぁと思います。

子供ってなんで輪ゴムとかのガラクタ(ごめん)が好きなんでしょう。輪ゴムにアルミホイルの芯にお菓子の包み紙…。おさがりでもみんなのものでもなく、自分だけの宝物!って考えると腑に落ちます。勝手に捨てると怒るんですよね。捨てたことにも気づかれるとは。

絵も字も可愛らしいくて読みやすいです。この方の絵本にでてくるお母さんの様子も大好き。優しくて天使のようなお母さん、というよりは日常を過ごしながらの一部を切り取ったリアル感がちょっと私を安心させます(笑。 愛情あるぶっきらぼう感。そんなにいっつも優しく笑顔で接してられないのよ。

自分だけの輪ゴムへの思いをどこまでも広げる壮大な妄想に、娘も私も笑いながら読めた絵本でした。

 

「わたしのわごむはわたさない」

ヨシタケシンスケ