絵本ですくすく

5歳の娘と毎日お気に入りの絵本探し。絵本の感想日記。

「しんごうきょうだいのにちようび」

f:id:ehondesukusuku:20210713172716j:plain

『アー タノシミ!』

 

これも何度か借りているお気に入り絵本。

歩行者信号機のあの赤と青の人型が、出番じゃないときは何をしているのが描かれたお話。

彼らは週イチでお休み。なぜなら歩行者天国の日があるから。指折り数えて楽しみにした日曜日は、意気揚々と街へ繰り出します。その数全部で16人。交差点の歩行者信号機全員です。

ここぞとばかりに楽しむものの、そこはやっぱり信号機。通電しているがために、楽しめることが限られちゃったりします。それでも貴重なお休みをエンジョイする信号機たちに愛着が湧きます。街ブラするのは銀座…ならぬ”キンザ”。デパートに寄ったり、”キンザシネマ”なる映画館に行ってみたり。

彼らのセリフは全てカタカナ。カタコトっぽい雰囲気が面白いです。そして蛍光色っぽい色味が、より信号機らしさを表現しています。

絵本の内容上、カタカナが非常に多いので、慣れないと子供が読むのは大変かもしれません。ちなみにカタカナにふりがなはないため、読んであげたほうがスムーズに理解できそうです。

 

 

先週から長引く咳に親子で疲弊していたら、娘はまさかのマイコプラズマでした。そりゃ風邪薬が効かないはずだわ。今度は薬が無事に効いたようで、劇的回復。良かったー。まさか夏にマイコプラズマを患うとは。実は珍しくないことなのかしら。長かったけれど園をお休みしておいてよかった…。先月から複数回続いた風邪っぴきが、これで終わりになりますように。

 

「しんごうきょうだいのにちようび」

もとやすけいじ