絵本ですくすく

5歳から娘と毎日お気に入りの絵本探し。絵本の感想日記。現在6歳。

「オムライス パーティー」

f:id:ehondesukusuku:20210113095531j:plain

『さてさて、なにを つくろうかしら? そうだ!オムライスを つくりましょう!』

 

トマトのおすそわけに回ったら、わらしべ長者的にいろんな材料が集まったので美味しいオムライスができちゃいましたのお話です。どうぞどうぞの精神でほのぼのとした絵本です。

切り絵のようなカラフルな絵のタッチですが(本当の切り絵?CGなのかな?)、オムライスを作るシーンがとても美味しそう。瓶詰めの自家製ケチャップも美味しそう。ほいっと卵をひっくり返すシーンは折り返しページで仕掛け絵本になっています。ケチャップライスにオムレツを乗せるタイプのオムライスです。自家製なのに本格的。

出来上がったオムライスには、ケチャップでお絵描き。動物たちがみんな自分の似顔絵を描いていきます。どこのお家でもお子さんがやるあるあるではないでしょうか。

ちなみにうちの娘はケチャップとマヨネーズの2色つかうタイプ。このお絵描きが食べるより好きかもしれません。

「おすそわけ」の言葉って、なかなか子どもが使う機会のない言葉ですよね。娘はこの絵本で「おすそわけ」を覚えました。しばらくは「おソソわけ」でしたが。

 

4歳~5歳あたりがちょうどいいかなと思います。内容的には3歳でもいけそうですが、うちの3歳を思い返すと3歳にはちょっと文章が多めかもしれません。

 

「オムライス パーティー

さく・え たちもとみちこ