絵本ですくすく

5歳から娘と毎日お気に入りの絵本探し。絵本の感想日記。現在6歳。

「おふとんさんとねむれないよる」

f:id:ehondesukusuku:20210407125044j:plain

『ねぇねぇ おふとんさん、おばけが でたら どうしよう。』

 

長い春休みが終わった…。ようやく幼稚園生活が始まり、久しぶりに記事を描ける時間が持てました。

前に借りたおふとんさんシリーズ。リラックマのキャラデザインを手がけた作者だそうです。娘が随分ハマったので、今回も借りてみました。

クマのクーちゃんが一人でおばあちゃんちにお泊りするお話です。田舎のおばあちゃんちって非日常でわくわくするけれど、古めかしくてちょっと怖い一面もあったりしますよね。特に夜は静けさと真っ暗さがより感じられるドキドキ感。子供の視点をよくとらえているなと思います。

そんな不安を優しく取り除いてくれるのが、おばあちゃんちのおふとんさん。今回も優しく優しく寄り添って包み込んでくれます。これでお化けも怖い夢も、夜中のおトイレまでも大丈夫と思えるかも。

今回も絵がほのぼのと可愛らしくて綺麗です。前作のパステル調なカラフルさとは違い、今回はビビットな色合いのカラフルさ。表紙が真っ暗なのがもったいないくらい。おばあちゃんちの話だからでしょうか、日本的な色合いで映えます。おふとんさんの柄もちょっとアンティーク。

 夜の寝るのが怖くなり始めた年齢に、寝かしつけの前に読むのにうってつけの一冊だと思います。そして今回も、こんな優しさMAXな母親になりたいと思うのでした。

 

「おふとんさんとねむれないよる」

コンドウ アキ 

 

ehondesukusuku.hatenablog.com

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

おふとんさんとねむれないよる [ コンドウ アキ ]
価格:1430円(税込、送料無料) (2021/4/7時点)