絵本ですくすく

5歳から娘と毎日お気に入りの絵本探し。絵本の感想日記。現在6歳。

「くしカツさんちは まんいんです」

f:id:ehondesukusuku:20210216130709j:plain

『きみら、はよ じぶんの くし さがしや。』

 

「こんぶのぶーさん」に続き、 本当にこのシリーズ大好きです。面白い。ちなみにこの絵本も借りるのも2回目です。

それぞれ訳あって居場所をなくした”みたらしだんご”と”やきとりのねぎ”と”きりたんぽなべのたんぽ”が、くしカツの上にどさっと重なります。よりによって”みたらしくん”が一番上なもんだから、タレが垂れる垂れる…笑 みんなで重なっているために”たんぽくん”も”くしカツ”も狭そうに横に刺さります。よくこんなこと思いつくな笑 私が一番好きなのは、”たんぽくん”の居場所をなくしたくだり。まるで漫才の掛け合いのよう。

それぞれに顔が描かれていないのに、セリフの感情が伝わる絵の感じが大好きです。コテコテの関西弁で繰り広げられる軽妙なやり取りも面白すぎ。そのまま読んでも関西弁をしゃべっている気分になれてちょっと嬉しい。

うちの娘はこのシリーズの影響で、関西弁もどきをしゃべることがあります。テレビでも関西弁は聞いているから親しみのある方言なんでしょうね。

 

「くしカツさんちは まんいんです」

岡田よしたか さく ehondesukusuku.hatenablog.com