絵本ですくすく

5歳から娘と毎日お気に入りの絵本探し。絵本の感想日記。現在6歳。

「へんしんトンネル」

f:id:ehondesukusuku:20210116141529j:plain

『この トンネルを くぐると、なぜか へんしんしちゃうんです。』

 

Eテレのテレビアニメ「はなかっぱ」の作者ということで手に取った絵本です。言葉を繰り返しながらトンネルをくぐると、全く別のものに変身してでてきちゃう絵本です。カッパがくぐると…かっぱかっぱかっぱ…パカッパカッパカッ!なんと馬になりました!といった感じです。

子供と一緒に口に出しながらページをめくるのでコミュニケーションになります。5歳くらいだと実際に繰り返して口に出さないとどんな言葉に変身するのか予想が難しいみたいなので、そのワクワク感もちょうどよく楽しめました。

もともと数や数字よりも言語への興味が強かったうちの娘には、この絵本が内容・タイミング的にもばっちりだったようで大いにハマりました。そのハマりっぷりは普段の生活でも繰り返しで変わる言葉を探すほど。へんしんシリーズとして何種類もあるみたいなので、また別の絵本も借りるのが楽しみです。

 

絵本の読み聞かせ!と肩ひじはらずに、言葉遊びの第一歩として手に取りやすい絵本だと思います。5歳よりも小さい年齢でもとっつきやすい絵本だと思います。

 

「へんしんトンネル」

あきやま ただし/作・絵