絵本ですくすく

5歳から娘と毎日お気に入りの絵本探し。絵本の感想日記。現在6歳。

「100円たんけん」

 f:id:ehondesukusuku:20210608115921j:plain

『ものの ねうちって おもしろい。』

 

お買い物を通して、物価や金銭感覚について分かりやすく学べる絵本です。内容的にボリューミーですごく勉強になる絵本。金銭感覚に自信のない私のような大人は、きっとハッとさせられます。

コンビニで100円分のお菓子を買うところから、お金についての興味が湧く男の子。100円の価値を調べるために、100円探検に商店街へ出発します。付き合ってあげるお母さんがエライ…。

100均のお店では、物によって100円で喜んで買う人と、100円では高いと感じる人がいること。牛肉よりも豚肉の方が多く買えること。同じ100円パーキングでも、20分しか停められないところと、60分停められるところがあること。その他にも、子供の目線ならではの新しい発見がいっぱい。100円同士のものを比べてみると面白いね。そう言われてみれば、大人でも感心させられる目のつけどころ。また、絵本だからとはいえ、お店の人たちが協力してくれる、商店街ならではのあったかい雰囲気も素敵です。

正直言って年長さんには難しい内容だと思います。お小遣いを自分で使うようになるくらいの小学生向き。でも、娘は面白がって読んでいました。なんとなく分かっているようですが、完璧に理解するのにはまだ2~3年かかりそう。100円玉を握りしめてお買い物に行きたくなる絵本です。でも今は100円でどのくらいお菓子が買えるんだろう。消費税もなかったころは、駄菓子屋さんに行けば100玉ひとつでビニール袋をパンパンにするくらい買うこともできたけれど…古。今は計算も大変だろうなあ。

内容の割には読みやすい文面ですが、その文章量もたっぷりです。入学前の子には読んであげた方がいいと思います。小学生になったら手元においてあげたい絵本なので、プレゼントにも喜ばれると思います。

 

「100円たんけん」

ぶん・中川ひろた

え・岡本よしろう

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

100円たんけん [ 中川ひろたか ]
価格:1430円(税込、送料無料) (2021/5/25時点)